CH EN
ハイテク産業への投資

十数年の成熟な投資経験と管理優勢に基づき、「産業投資+産業運営」の二重駆動を堅持し、募集、投資、管理、退出の核心能力の優勢を発揮し、エンジェルファンド、VC、PE、Pre-IPOからIPO、産業運営、合弁再編、産業退出までの全生命周期のハイテク産業投資運営チェーンを構造して、将来性、戦略性産業及び市場資源、新モデルなどの領域へ投資と配置します。

直接投資ーー中国ローカルでトップ50社の投資機関として、現在、直接と間接的に管理している資産は150億を超えています。投資した風範株式、腾邦国際、 巨龙、 百合花、至潤科技、財通証券など十数軒の企業はすべてA株に上市しました。直接上市と合併により上市する比例が80%に超えました。

基金投資ーー国投創業投資管理有限会社のGP共同管理人として、科技部国家科技の重大な専門項目成果転化、国投(深圳)、国投(寧波)などの基金を管理し、総規模が500億元近くあります。「国家の創新的な戦略をサービス、科学技術の性かの転化に焦点を立つ」を主旨として、新エネルギー、新素材を投資し、2025年AI製造、新世代の電子情報及び自動化技術、AIなど将来性、戦略性を持つ産業領域を投資し、国投(維科)の科技創新基地を利用して未来のハイテク企業を栽培します。

維科産業投資

維科産業投資管理有限会社は産業投資、権益投資、基金管理の総合的なプラットフォームとして、管理の資産は150億元を超えて、投資した数十軒の企業は既にA株に上場して、直接上場と合弁して上場した項目の比例は80%を超えています。

  • 直投案例:財通証券(SH:601108)、至純科技(SH:603690)、百合花(SH:603823)、風範株(SH:601700)、広東鸿図(四維尔)(SZ:0021 01)と巨龍管業(SZ:002619)などです。

    「産業投資+産業運営」の二重駆動を堅持し、募集、投資、管理、退出の核心能力の優勢を発揮し、エンジェルファンド、VC、PE、Pre-IPOからIPO、産業運営、合弁再編、産業退出までの全生命周期のハイテク産業投資運営チェーンを構造して、核心競争力を向上することに焦点を立て、優勢資源と能力を突きだし、合理的に投資業務を組み立てます。

国家投資高新基金

国投創業投資管理有限会社は国家の創新戦略にサービスする、科学技術成果に焦点を立つことを主旨として、中国国投高新と維科集団と共同出資して設立しました。傘下の国家科技重大な専門項目成果転化投資基金など多数の基金を管理し、規模は200億元に近いです。「中国創投二十年投資期間トップ20」、「2018中国ベース科技領域投資機関トップ5」50の栄誉を獲得しました。

  • 国投創業シリーズ基金

    国家科技重大な専門項目成果転化基金は、2016年から設立し、初期の規模は100億元で、国の科学技術での重大な専門項目の成果転化の戦略目標に焦点を立て、ハイクラスの通用チップ及びべシックなソフトウェアを実現できて、規模大きい集積回路、ワイヤレス通信、新エネルギー車、AIなど戦略性を持つハイテク産業への投資配置です。

    国投京津冀科技成果転化基金は、2016年に設立して、規模は10億元で、主に京津冀地区の科学技術の成果の転移と転化を支持し、政府の科学技術のプレン及び役所から発明した新しい技術、商品、工程、素材、装置及びシステムなどを含めます。

    国投高新(深圳)創業投資基金は、2016年設立して、第一期の規模は10億元で、東部沿海側創新創業の活躍する地区に焦点を立て、主に環境保護と新エネルギー、医薬と医療健康、消費と情報技術、AI製造と新素材などの領域を投資します。

    国投(寧波)科技成果転化基金は、2018年に維科集団から起動して、国投高新、寧波市政府と共同で設立して、規模は20億元があります。維科集団は基金の株主と管理人として、寧波が中国製造2025初めての試験都市、科技部の全国創新都市の第一陣とする地位をベースに、寧波地区の先進製造、電子情報、新エネルギーなどのハイテク企業を主に投資、孵化して、国家科学技術の成果転化と産業の最適化とレベルアップの示範作用を十分発揮します。

国家重要な科学技術の成果転化のプロジェクト

国家高新産業投資基金のGP管理人として、国投創業、国投(寧波)科技成果転化などの基金と協同し、AIチップ、情報安全、先進製造、エネルギー技術、生物医薬などの領域を重点として投資して、国家重要な科学技術の成果転化に力添えをします。

  • AIチップ

    中科寒武紀(688256):2017年8月、国投創業が投資して株主になりました。世界AIチップの領域における初めてのユニコーン企業であり、専用のチップを研究開発することに専念して、ターミナルAIプロセッサIPとクラウド高性能AIチップの二つ生産ラインを持ち、世界中に初めてのディープマインドプロセッサの組み立てを持ち、世界中に初めてのAIスマホチップ(HUAWEI麒麟970チップ)などの八つの世界一を持ち、中国ハード科学技術の創新企業トップ50に入選されました。

    立昂-金瑞泓(605358):2016年12月、国投創業投資が立昂微電子に投資し株主になりました。2017年10月、国投創業投資が金瑞泓に投資して株主になります。2020年9月、A株に上場しました。立昂微電子が既に国内のトランジスター半導体業界の先頭企業になりました。金瑞泓が独資子会社として、中国国内でもっとも大きいシリコンチップの生産基地です。




  • 情報技術

    趣链科技-邦盛科技:2018年6月、国投創業投資が趣链科技に投資しました。中国工程院の陳純院士から創立し、ブロックチエーンの核心技術の先頭企業で、業界内で初めてのユニコーン企業として、中国ハード科学技術の創新企業トップ50に入選されました。2018年3月、国投が邦盛科技に投資した。国内で最初に金融領域に専念してをリスクコントロールを実施する企業で、リアルタイムの詐欺防止産品を自主的に研究開発して、データの処理能力は国際でも先頭になります。

    奇安信(688561): 2016年、国投創業から投資し、2020年7月にSSE STAR MARKETに上場しました。中国ネットワーク情報安全業界の先頭企業で、国内のターミナル安全、安全管理プラットフォーム、安全サービス、クラウド安全、ターミナル安全ソフトウエアなどの市場に占める量がすべてナンバーワンとなります。

    21世紀空間技術(835225):2016年9月、国投創業投資が投資して株主になりました。2019年6月、科技創新企業としてSSE STAR MARKETに上市しました。中国と世界の顧客に向けて、自主で衛星の運行とコントロールをセンシングする、地球のスペース情報のビッグデータをサービスする企業です。国内で最初にセンシング衛星運営を商業化した企業で、国家の重要な科学技術のプロジェクト、国家863計画、国家発展改革委員会の産業化プロジェクトなどを実施して、多くの業界内の肝心な核心技術を突破しました。

  • 先進製造

    中微半導体(688012):2018年7月、国投創業が投資して、株主になりました。2019年7月にSSE STAR MARKETに上場しました。世界に向けるハイレベルの集積回路の核心的な加工設備を供給するサプライヤーで、先進な技術を持つエッチング業界の先頭企業です。

    芯碁微装(688630):2019年12月、国投創業寧波基金が投資して、株主になりました。2021年4月に、正式的にSSE STAR MARKETに上場して、国内で初めての直写フォトエッジングの設備を主業として上場する会社です。会社はマイクロ、ナノの直写フォトエッジングを核心技術とする直接画像化する設備及び直写フォトエッジングの設備の研究開発と生産を専念しています。

  • 新エネルギーと新素材

    振華新材(870341):リチウム電池のプラス極素材業界内の先端企業として、三元系単結晶のプラス極材料という核心産品が業界の一流な水準に達しました。今までの出荷量が世界中のIPADバッテリーのプラス極材料の3分の1を占めます。

    華曙高科:世界中で先頭な工業レベルの3Dプリンター装備と素材を持つ企業で、選択性レーザー焼結成形(SLS)技術を持つ有名な科学者の曙博士が創業しました。世界で唯一な同時に装備、素材及びソフトウェアの自主的な研究開発と生産力を持つ製造企業で、国内で唯一の3DプリントのAI製造の実験プロジェクトする企業です。

  • 寧波維科投資発展有限会社
    維科産業投資管理有限会社

工業インタネットシリーズのプロジェクト

工業インタネット研究院シリーズのプロジェクトを先頭に立てスタートして、中国工業字自動化領域のトップの科学者及び技術チームを導入して、工業インタネット1+Nの国家レベルの創新プラットフォーム及び産業群を立てます。

  • 工業インタネット研究院

    褚健教授のチーム、国投寧波、維科の三方から合資して成立しました。工業インタネットをガイド、工業操作のシステムを基礎、工業APP応用を動力、工業コントロール安全を保障として、創新系の企業を栽培することをベースとする研究開発+産業化する新型創新体系は、国家工業インタネットプラットフォームのサービスAI製造技術のサービス、工業自主的なコントロール技術のサービスを向上させます。

    中国製造2025と工業インタネットの二つの主題を始め、AI製造、ロボット、工業IOTなど将来性のある産業を主な方向として、引き続きハイテク会社を孵化します。

  • N-1、N-2、N-3

    N-1 工業操作システム(supOS):「工場層の情報全集成」を開発を切り込み口として、設備技術、操作技術、自動化技術とIT技術の創新、融合を推進して、「中国智造」の「工業アンドロイド」を立てます。2018年に国投重大専項基金と寧波基金が2億元を共同投資しました。

    N-2 工業コントロール安全:高性能のコントロールできる安全BUS技術を開発し、国家の工業コントロール安全領域の重要な特定項目及び軍用の装備、軍用の先進な技術などの重要なプロジェクトを背負います。2018に国投寧波基金から4000万元を出資しました。

    N−3コントロールチップ:チップを研究するレベルのコントロールシステム(CMC)です。メインコントロール部品を微小化する重大な技術突破を実現して、IOT、 man-machineインターフェース、ハイ精密度のセンサー測定などの領域で深く応用することが実現します。

  • 寧波工業インターネット研究院有限会社
    浙江蓝卓工業インターネット情報技術有限会社
    浙江国利網安科技有限会社
    寧波中控微電子有限会社

ハイテク産業

  • ハイテク基金、ハイテクプロジェクトでハイテク基地を開拓して

    国投高新で地方産業基金を成立するをきっかけで、産業集中を目標として、科学技術の担体と産業サービスの構築を任務として、持続的に「基金」+「プロジェクト」+「基地」の運営パタンを栽培し、ハイテク産業基地の実施と発展を推進します。

    多数のルートで外部資本を引き、投資と融資のプラットフォームを完備させ、基地内の企業は拠点を設けて、更に拡大します。同時に、資本のてこ効果と産業集中の効果を発揮して、基金が産業中に各環節の配当金をシェアすることにより資本の増値を獲得し、基金と基地内の企業がWIN-WINに達します。最後、資本が増値した部分を利用して、集団の三つの核心産業へ報い、グローバルな価値チェーンの中高端に向かいます。

  • 健康的なテクハウス

    国家不動産一級開発資格を持ち、寧波市から長江デルタまで立脚して、寧波地元でトップ3のポジションを持ちます。維科「院」シリーズ、「水岸」シリーズ、「花園」シリーズなどハイコリティーを持つ住宅は数回も国家、地方の計画デザイン、建築省エネ、優質工程、住宅環境、グリーン園林などの大賞を獲得しました。

    AI健康的な家電用品を持ち、先進的な換気システム、環境監督、家電用品自動化、ホームネットワークなどのシステムを応用して、新しいコンセプトを持つAI健康的な住宅を立てます。

    国家不動産管理一級の視覚を持ち、寧波トップの不動産管理のブランドとして、維科・水岸心境は全国不動産管理の模範住宅地であり、寧波地区で前列となります。

  • 不動産運営

    寧波、深圳など多くの都市で工業土地、広場、ビジネスコミュニティ、住宅を主な不動産産業を持ち、面積は80万平方メートルぐらいです。

    都市の建設がよくなると判断して、不動産の買収と合併、運営、管理を強化して、不動産の組み立てを最適化して、更にレベルアップをして、不動産の価値の保つと上昇を実現できます。

    不動産運営の領域:ビジネス運営、不動産管理サービス、リースアパート、物流不動産、工業不動産、園区建設、営業代理などです。

  • 寧波維科置業有限会社
    寧波維科新城置業有限会社
    寧波維科名湖置業有限会社
    鎮江維科置業有限会社
    寧波維科物業服務有限会社